http://may-way.net/user_data/brown.phpファッションを目的としたカラーコンタクトは、虹彩の色が変わって見え、通称カラコンといわれています。

カラコンの色は幅広く、たとえば、ブラウンは自然な感じ。
黒はちょっと印象的で、グ~ッと押し出してくるような不思議な魅力があります。

一時期、粗悪なカラコンで目の炎症被害やトラブルなど、社会的な問題としてニュースでも取り上げられていました。

あまりにもトラブルが続出したため、2008年、厚生労働省薬事食品衛生審議会は「医療用を除いたカラーコンタクトレンズ」を薬事法上の「高度管理医療機器」に指定。

以来、チェックも厳しくなりカラコン事態、高品質になりました。
たとえば、以前はカラコンに着した面が眼球に触れ、顔料が溶けでるといった問題も、着色部分をサンドイッチにすることで、直接顔料が眼球には触れない構造になっています。

そのため、トラブルはグーッと減少。
カラコンの種類も豊富になりました。

医療用のコンタクトレンズを販売している企業からも、カラコンは売られるようになり、カラコンがグッと身近なものになりました。

最近の流行は、デカ目、度入りカラコンなど。
度入りでブラウンなら、自然な感じがして普段使いにもいいでしょう。

詳しいことは、カラーコンタクト通販マイウェイ
http://may-way.net/user_data/brown.php▼が参考になります。