余裕があれば不動産投資をしたいというのは誰もが思うことです。しかしそれにより所得が増えれば、それなりに税金も多く納めなければなりません。では、家賃収入による税金はどのくらいかかるのでしょうか?家賃収入でかかる税金を拾い出してみましょう。

家賃収入にかかる税金で大きいのは所得税です。課税対象となる不動産所得は、不動産総収入から必要経費を引いた金額になります。

所得税は累進課税となり、所得が大きいほど税率は高くなります。

所得が195万円以下は税率が5%、195万円を超え330万円以下は税率が10%(控除額97,500円)、330万円を超え695万円以下は税率が20%(控除額427,500円)、695万円を超え900万円以下は税率が23%(控除額636,000円)、900万円を超え1,800万円以下は税率が33%(控除額1,536,000円)、1,800万円を超え4,000万円以下は税率が40%(控除額2,796,000円)、4,000万円を超える場合、税率が45%(控除額4,796,000円)となっています。

他では固定資産税評価額の4%の不動産取得税、同1.4%の固定資産税、同0.3%の都市計画税、所得割が10%の住民税(均等割は自治体による)、さらに必要な場合、消費税や個人事業税などもあります。

賃貸保証(家賃保証)とは – フォーシーズ株式会社