全身黒コーデは簡単に見えて実は一歩間違えるとダサく、重くるしいコーデになってしまう事を知っていましたか?間違った着かたをしてダサいと思われる前にポイントをしっかりおさえて全身黒コーデを上手に着こなしましょう。

黒コーデのイメージとして、クールで知的、気品があり、個性的なセンスが感じられます。その反面、葬式などにも使用される為、負のイメージも与えます。そんな黒のコーデを着こなすポイントとしては、肌見せをプラスし、異素材を組み合わせて、差し色をプラスすることです。首や足首、手首などを出すようにすることでコーデに軽さが出ます。また小物などで差し色を入れることでコーデの印象が変わります。そして、同じ黒でもシフォンやレザー、コットンやアクリルなど違う素材を組み合わせることで同じカラーでもファッションに表情がでます。このようなポイントを抑えることで、ダサみえせず、印象も軽くなり上手に全身黒コーデを着こなすことができます。黒コーデは柄やカラーを取り入れたコーデに比べて簡単で容姿外見に頓着したくない人には絶好の隠れ蓑だと思うかもしれまでんが、間違った着かたをするととてもダサくなってしまいます。しかしポイントをしっかり押さえれば大丈夫です。

ムルーア(MURUA)公式通販のRUNWAY channel